サクランは皮膚を外部刺激から守るバリア機能を持つ

サクランとはスイゼンジノリから抽出された天然高分子多糖体です(「サクラン」はグリーンサイエンス・マテリアル株式会社の登録商標です)。

 

2006年、北陸先端科学技術大学院大学マテリアルサイエンス研究科金子研究室の研究者に発見されました。スイゼンジノリは熊本県阿蘇山系の伏流水として湧き出る湧水に生息し、高級食材として珍重されてきましたが、今では絶滅の危機に瀕しています。

 

サクランの性質

 

サクランは非常に保水力が高く、1gで約6リットルの水を抱え込みます。塩水ならヒアルロン酸の10倍、純水なら5倍の保水力があります。さらに、ヒアルロン酸の80倍の粘性があるため、肌に乗せた瞬間にしっかりと付くことで肌を守ってくれます。皮膚を外部刺激から守るバリア機能を持つと同時に、皮膚内部に水分をいきわたらせることができます。

 

そのほかに抗炎症作用もあります。アトピー性皮膚炎の人への塗布実験では、ステロイドを使用した時よりも症状が緩和したという結果が出ています。こうしたことから、乾燥肌やアトピーなどの敏感肌の人の保湿に効果を発揮する成分です。アトピー以外にも、老人性の乾燥肌対策としてもおすすめの成分です。

 

サクラン配合の化粧品

 

久光製薬のライフセラのダーマボーデは何をやっても乾燥する肌に、うるおいに「フタ美容」する化粧品として販売しています。長年「貼る技術」を磨いてサロンパスなどの製品を作りだしてきた久光製薬ならではの製品なのです。

 

サクランを発見した岡島麻衣子博士が作ったマイコクチュールでは、ハリ・つや・うるおいをもたらし、敏感肌の人でもエイジングケアできる化粧品です。

 

サクラムアルジェ(岡島麻衣子博士との共同開発によって完成した化粧品です)はうるおいを保ち、使うほどに肌本来のハリやツヤ、透明感を呼び覚ます化粧品です。三大美容成分としてよくあげられるヒアルロン酸、コラーゲン、プラセンタにサクランが加わる日が来るかもしれません。