間違った身体の洗い方をすると背中ニキビは悪化する

大人になってから背中ニキビに悩まされる方も少なくないと思います。

 

背中ニキビを予防、改善するためには肌を清潔に保つことが重要ですが、間違った身体の洗い方をすると、かえってニキビができやすくなったり悪化してしまいます。どのような洗い方をすれば、背中ニキビを予防、改善できるのでしょうか?

 

ゴシゴシと強く洗わずに優しく洗うことが大切

 

汚れをしっかり落とすためには、ゴシゴシこすって洗わなければと思いがちですが、それでは肌を守る肌バリアを壊してしまいます。肌バリアが壊れて乾燥肌の状態になると、肌を雑菌から守る働きが弱まり、ニキビになりやすい状態になってしまいます。肌バリアを壊すことなく、優しく丁寧に洗うことが重要です。

 

身体に優しく当たる素材のタオルや手などを使い、しっかりとボディソープを泡立ててから洗いましょう。ボディソープはなるべく刺激の強くない物を選び、そのまま体には塗りつけないようにしてください。また、同じ部分だけ洗わないようにまんべんなく洗って、ニキビの原因となる皮脂汚れを残さないようにしましょう。

 

すすぎ残しもニキビの原因となってしまうので要注意

 

洗った後はしっかりとすすぎ残しの無いようにすることが、ニキビの予防に繋がります。背中に洗剤成分や皮脂汚れが残ってしまうと、毛穴に詰まってニキビの原因となってしまいます。また、特に注意が必要なのはシャンプーの成分のすすぎ残しです。シャンプーの成分は刺激の強い成分が入っている場合があり、身体に異物となって残ってしまったり、刺激を与えてニキビを悪化させてしまいます。

 

これは身体を洗う順番を変えることで解決できるでしょう。シャンプーをした後に身体を洗うことにより、すすぎ残しを抑えることができます。身体をすすぐ時はシャワーをただかけるだけでなく、手で泡を落とすようになでるようにしてしっかりと落とすようにしたいですね。また、お湯が熱すぎると乾燥を招きやすくなってしまい、ニキビができやすくなってしまうので、なるべくぬるめのお湯で流すようにしたいところです。

 

普段何気なく行っていた身体の洗い方を変えるだけでも、背中ニキビの予防が期待できるので、ぜひお試しください。